この日、東京も40度近く気温が上がるらしい天気予報ですが、大丈夫です、東京都心は建物電車地下など退避場所沢山ありますから大丈夫です、オオノ地元の『スーパー行くまで退避場所一切なし40度のなか往復徒歩40分』とは難易度全然違いますちょろいです。

はー、東京行ったら鰻食べたいなぁ、って思ったら日曜日予約できないじゃん
じゃぁ、あの店行きたいなぁ、っておもったら日曜日定休日じゃん
もう一回あの店行きたいなぁ、っておもったら日曜日定休日じゃん
行きたかったあそこもここも定休日じゃんっっ!

んもー!

という時の資生堂パーラーです。日曜日の救世主です。

そういえば、ちょい前に資生堂パーラーの後に寄ったBARで「資生堂パーラーですか、いいですねぇ、素敵な喫茶店ですよね!」と言われたことがありますわよ奥さん、どうしよう、銀座のBARの若いバーテンさんだったのですがね。

どうしよう奥さん、最近の若いもんは……って説教していい?

ちげーよ坊っちゃん、銀座で働いてんだったら知っとけよ、パーラーっつっても昭和一桁からやってる老舗の洋食だよ、喫茶はサロン・ド・カフェだよ、そっちは90年くらい前からやってるよ、下手すっとオメーのかーちゃんも生まれてねーよ!

ポテサラ美味しい、そうか由緒正しいポテサラはこんな味なんだな。
まばゆい薬味タワーを従えているのはライスの代わりのチキンライスです。
ダシちゃんと入ってるせいかな、しっかり味で美味しい……資生堂パーラーのチキンライス、マストアイテムなんですよ奥さん……。
(ちなみに写真のチキンライスは二人で半分こしております、お代わりたっぷりあります)

締めはもちろんしっかりデザート。

プリンアラモードも捨てがたい……でも、資生堂パーラーで食後にパフェって気合い入りますわよ奥さん、だって、3階サロン・ド・カフェのパフェも持って来てもらえるのだそうですもん。そう来たら例のパフェですよ、食べたかった『和歌山県 酒井農園産 あらかわの桃のパフェ』!

が、豪雨の被害で桃が無くパフェが作れないそうで、『長野県 信州畑工房産 恋姫のストロベリーパフェ¥1,890』。あぁ資生堂パーラーにまで天災が……生産地よ立ち直ってくれ桃パフェ待ってるぞ!

クラッシックスタイルでお品の良い正統派苺パフェ、あぁ美しい。

 

銀座:資生堂パーラー