ページを選択

わーん、久しぶりになってしまったレストラン ヒロミチです、リクエストのフルカスタムです。

とか書く前にちょっといい奥さん。

ねえ、オオノ、Restaurant HIROMICHIのギャラリーを作り忘れてたっぽい!なんで!今気が付いた、慌てて作った!ごめんレストラン ヒロミチファン!

Plantation Reboot Log【French】

とうわけでリクエストが並ぶフルカスタムです。

雷鳥メインなので、前菜はさっぱり目でとリクエストしたのですが、ノドグロとエスカルゴあるって言うじゃない?
エスカルゴなんて、たこ焼きプレートに乗っかったにんにくバターのくらいしか知らないから、こだまんのエスカルゴ食べたいー!ということで、エスカルゴをリクエスト。

……あれ、でもなんでセルベル乗ってんのかね(笑)エスカルゴとキノコの布陣を敷いてセルベルがガレットを引き連れていますよ、どういうこってばよ、反則じゃん許すキノコ美味しい……オオノ、実はあまりキノコ好きではないのだけれど、こだまんのキノコは美味しから大好き!セルベルなんて久しぶりだよー?


そして一年ぶりの雷鳥、毎回書くけど、ドブ掃除したら出てきた鳩ではありません、美味しい雷鳥クラッシック仕立てです。
特別にガラ付き、焼死体ではありません、ガラです、骨ごとバラしながら骨の際や胸の裏側の肝を食べます美味しいですよ。

となりの壺は、モモ肉をグラタン仕立てにしたもの、あぁ、これがとんでもなく美味しい……ヤバイ全部食べちゃうワイン進む……コクのあるモモ肉にジャガイモ、これがギリギリまで濃くした塩味でサイコー、濃い味でサイコー!

これよ、これ!久しぶりに濃い味で美味しいだわよ!
これくらいの、うんと濃い味もたまらなく美味しいのよね。

濃い味ならではの美味しい味、このグラタン仕立てのように『濃い味だから美味しい』って当然ある。でも、濃い味付けってあとから味抜けないから、怖くてなかなかここまで攻めることができないよね。だから、なかなかこの手のしっかり濃い味で美味しいものに出会えない。

薄味は美味しいよね、素材の味を邪魔しない薄味仕立ても、素材の味を引き立てるしっかり味仕立ても美味しい、でもこういう素材の味を加速させる濃い味もたまんなく美味しいのだよ、ふふふ(小僧には分かるまい……精進せよ小僧ども)

【Restaurant HIROMICHI(レストラン ヒロミチ)】
住所:目黒区三田1-12-24 MT3ビル1F
電話:03-5768-0722
定休日:月曜日

 

Restaurant HIROMICHI 2018-09-26