ページを選択

前さぁ、高良シェフの時、Montrachet(オオノがMontrachetっつったらComtes Lafonな)飲みたいから、Montrachetに合わせてコース組んでねってお願いして食べた事あったのですよ。

2011年の春のことだったわね(遠い目)
ブレス鶏のベッシー・マデラソース仕立て、あの時は小泉さんが捌いてくださったわね


それはもう、いつまでも記憶に残る素晴らしいコースでしたわ。

ソムリエ大越さん・シェフ高良ちゃんのコンビ、Montrachetが時間とともに次々と繰り出す香りや味の変化を絶妙に拾って料理のアクセントにトリッキーに入れてくる様は、賞賛でしたのですことよ。

そして、2018年。
ソムリエ宇佐美ん・シェフ渡邊さんで、Montrachetのためのフルカスタムコース再びです。

いやー、いいねぇ。

いいねぇ!

やっぱりいいねぇ、こういうわがまま。

Montrachetはもともと変化が大きい性格なのだけれど、その変化に料理をちゃんと合わせてくれている。

Montrachetだから鶏のベッシーでと紋切りしないで、Montrachet後半の味の変化に合わせて、鶏ではなくて雉を、ソースも敢えてベルモットソース、キュッと甘酸っぱいニュアンスを加えてくれました。

このソースが美味しいの!
飲める、奥さんこのソース飲めるわ!
そしてこのソースをつまみにMontrachet飲める!
これは反則だわ超うまいわMontrachet飲むからそれに合わせてねっつってわがまま言ったオオノを褒めたい!

高良ちゃんはトリッキーなコーディネートを見せてくれたのだけれど、渡邊シェフはクラッシックをベースにしっかりMontrachetに寄り添ってくれました。

あら、楽しいわこれ。シェフの個性が出るから楽しいわ。

もう何回も言うのだけれど、こういう『わがまま』を言える店は少ない。
ワインのことをちゃんとわかってるソムリエと、それを理解して料理に反映できるシェフが居ないと、こんなことできない。
ソムリエとシェフだけではない、変化のタイミングと料理のタイミングを完璧に合わせることができるサービスマンも揃ってなければ。

こんなことができる店は多くはない。
こんな難しくてめんどくさいわがままを全力で受け止めてくれる店なんて。ね。

料理を先に選んで、それに合わせてワインを選ぶのも楽しいけれど、それは多分どの店でもできる。
先にワインを選んでおいて、それに合わせて料理を組んでもらう、なんとこの贅沢なことよ。

ワイン好きで食べるのも好きな方、ぜひわがまま言って欲しいな。
きっといつもより何倍か美味しいと思うんだ。

来年また『わがまま』言おうかな、少佐、模寺くん、付き合ってねー!

【L’ecrin(レカン)】
住所 : 中央区銀座4-5-5 ミキモトビルB1
電話 : 03-3561-9706
定休日 : 日曜日

L’ecrin 2018-12-17