ページを選択

6月も中旬を過ぎると、ハイドランジア系のあじさいが全開になるのですが、ヤマアジサイ系がそろそろ終わります……んですが、ウチだけですかしらね。ヤマアジサイって、ちょい早く咲き始めません??そうでもない??

加茂花菖蒲園の【雨の物語】と【コサージュ(だったっけ)】、すこしタイミングをずらして満開です。ヤマアジサイとハイドランジアを交配させて品種改良されているので、とても庭木向け。

【雨の物語】のほうが、ちょい陽に焼けてしまっているのが残念。とても綺麗な水色なんですけどね。【コサージュ】は、どうした?!うっすい紫じゃないか!おい本気出せよがんばれ!

緑化隊隊長の担当である日陰の中庭に、ヤマアジサイの【甘茶】【黒姫】があるのですが、ヤマアジサイはオオノ担当。

2年ばかり剪定の手を抜いていたので、身長が150cmくらいまでに大きく育ちましたよ。正直花が見えねぇっす(笑)
てことで、隊長から、もうちょい小さく仕立てようとリクエストをいただいたので、樹形仕立て直し。今年は思い切って強剪定してみることにしましたよ。

はい、黒姫ばっさり強剪定。

元の高さのだいたい1/3程度までが強剪定の限界かとおもうので、それくらいで。
枝を切る位置は、ものすごくテケトー。
普通の剪定だったら、『花芽っぽい部分の上で剪定』とかあるんですけれど、花芽の付きそうな葉の位置どころか木になっている部分で切るってんだから、芽もなにも枝の途中っすね。バッツバッツ切っていきます。
ついでに、細い枝や枯れてるっぽい枝を落としながら枝を整理していきます。

強剪定するときの重要ポイントは、かならず全ての枝を剪定すること、だと思います。
枝を一部残して強剪定すると、残した枝だけ生き残って他が枯れてしまうと思うんですよ。(……っつか枯れた)なので、強剪定するときは、等しくすべての枝を刈り込むべし。

さて、これだけバッサリやると、来年は花咲かないと思います、95%花は付かない。
でもまぁ、ヤマアジサイは強健な性質なので、来年はテケトーなところから芽を出してちょい伸びてくれる程度になるかと思います。

……とおもうんだけれどねぇ。(やや不安)
さて、来年【甘茶】と【黒姫】はどうなるかな?

 

……新芽、出してよ……頼むよ…………!!!

 

アジサイの花がぺろんとひっくり返ったら、お花は終わり、のサインです。
来年のアジサイの花の元(花芽)は、夏が終わると作られます。なので、剪定は、花芽が作られるまでの今がチャンス。7月のうちには完了させるといいと思います。秋や冬になってから剪定すると、せっかく作られた花芽まで切り落としちゃうことになるので、来年花が付かなくなっちゃいますよ。
なので、花が終わったなーと思ったら、早いうちに剪定するんですの。

花から数段下の葉っぱの根元に、小さな小さな豆粒みたいな芽が出ていると思うので、そこの上でカットすれは、来年も花がつきますよ。