ページを選択

前日、たまたま某レストランのオーナーと『ヤダなにそのステーキ屋、平成バブリー?』などと盛り上がった結果、ノリで3人で行くことになりました。
ご存知平成バブル店です。

ワインリストのボルドーのチョイスがタイトすぎてクッソ悩むんだけど。
ちょっとまって、エグゼクティブなお隣のお兄様たち、Chateau Latour飲んでんの?20万はするやつじゃね?いいなーすげー。
それでさ、どうしてウチのテーブルにChateau mouton rothschildの【グラスワイン】が行商に来るかな、どこかのテーブルのエグゼクティブなお兄さまがグラスワインで開けたんかね、ねぇグラスワインでそれ開けるの?それ一杯頼むと銀座で鮨一通り食べれるよね一杯で。オオノもものすっごい飲みたいけれど、メンバーに全力で止められた。そうね他の店でフルボトル飲もう。あれは一杯だけ楽しむワインではない。

確か30,000円くらいのコースがあるのですが、肉少ないしのう、肉本命の我々は、食べたいものだけしっかり食べたいので地雷のアラカルト。

オオノは『キャビア芸』を見たいから、前菜に【毛ガニとベルーガ】オーダー。

奥さん、このご時世に【ベルーガ】っすよ、ベルーガって絶滅したんじゃないんですね、あるところにはあるんですね、さらっとキリッとおいしいデラックス大粒キャビア最高峰レジェンド【ベルーガ】やっぱ格が違いますね、味も!値段も!

あぁベルサーチの皿がえげつない!(笑)

今までの『量に対する単価コストパフォーマンス』あっさり記録更新してしまったよ、どういうこったよ(笑)

それから大原の鮑、天然鰻を前菜でチョイス。あ、スモークサーモン!定番すぎて写真撮るの忘れた。

赤身LOVERSのオオノは、三田牛【ランプ】で!

ランプの塊をしっかり4本クシを打ち、窯で4面焼き。

おおおおお、文句付けようがない、サイコーうめぇー(頭悪い食レポはいいので、写真見て)

肉の繊維が均一で細かい。そして火の通り方が神。あー、なにこういう時『神ってる』って使うのかね。ミディアムが神ってる。(こうでいいのか?)

肉に合わせて昼ごはんからの全てを調整しているので、200グラムなんてペロンだよ……あえて500頼んで1/3をテイクアウト【三田牛サンドイッチ】にしてもらうのもアリかと卑しい事を考えたこともあるのですが、美味しいものは美味しい時に全力で美味しくが家訓なので我慢。

実はレシートも記念撮影してあるのだけれど、最初から最後まで全部大爆発していてお見せできない。

……そうね、この店ね、最初から最後までこんなかんじだから、抜群に美味しくてもあまり人に勧められない。でも、おススメは、例のちまちま出てくる30,000円だかのお決まりのコースより【パンとサラダと肉300グラム】っていうピンポイントな肉本気食いのアラカルトですね。
最高の牛肉を思う存分楽しめます。

グラスシャンパンも地雷だからね。フツーにBelle EpoqueとかDom Pérignonとかだから、注意して踏んでね!

……そうねぇ、もともと最初からいろいろが爆発している店なんだけれど(個人的には全く問題ないのだが)ちょっと爆発の仕方が変わった?なんか……こう……大爆発はいいんだけれど、「指向性」の方向が、よりバブリーに変わった気がする……。

日本橋:Vesta tokyo

ウェスタ(Vesta-Tokyo)
住所:中央区日本橋3-8-13 華蓮日本橋ビル 1F
電話:03-6262-3355
定休日:なし