ページを選択

instagramにも掲載したのですけれどね、今日1日時間が空いたので、花粉症の薬もらいに出かけまして、ついでにぷらっぷらしてたんですよ。

湯呑み買ってきたー。志野。

しっかりとぽってり厚い志野釉が見事でステキだったので買ってきたよ。使うべ。
志野って釉薬が厚いから、厚いお茶いれても持ったときそんなに熱くないし、口当たりもざらざらしないから好き。

志野って、表面の志野釉が最大の特徴なんだけれど、原料となる長石(ちょうせき)の産出量がめちゃめちゃ減ってきているらしい……え、原料の枯渇ってこと?だめじゃん、志野焼けなくなっちゃうじゃん、大変だ!
長石も産地が変われば、当然器になったときの表現が全く変わってくるので……作家さんめちゃめちゃ困るよ。

大変だぁ……。

 

んで、ちょっとお遣いで湯飲み買うついでに、うっかり目が合っちゃったんだわ。

買ってしまった。わんこ。(商品名が『わんこ』だったのよ、ついでにレシートも『わんこ』だったのよ。)

やべぇめっちゃ可愛い、プロポーションが素晴らしい適切なデフォルメにちゃんとした骨格なんと素晴らしい。

こういう動物もの(?)ってデフォルメされているのが普通なんだけれど、たいてい、そのデフォルメが強すぎたり、ゆるキャラみたいだったりで、実はオオノ、まぁあんまり「動物もの」って好きじゃないんですねゴメン。
動物の、究極の実用デザインなフォルムが好きなんです。

でもこれ、佇まいがすっごいリアル。
平面の写真だと全く伝わらないんだけれど、立体で見るとよくわかる。犬種の特徴とか動きとかをよく捉えていると思った。
でもって適度なKAWAIIデフォルメなんだよね、すごい上手いと思った。この作家さん、絶対【犬派】だろ!(笑)

しかもさー。

家に帰ってモニターの下に置いたら、ちゃんとわんこと目がちゃんと合うんだよ、わんこがこっちを見上げてるんだよね。……す、素晴らしいすぎて目眩がする。せんせえ、こういう時に『萌え死ぬ』って使うんでしょうか萌え死ぬ。

そして地元のお店だったのであり得ないお値段……ちょっと暴露していいかしら、わんこ1個800円だったのよ……まってこれ普通に3,800円とかするよね?陶器の1点もので作家ものだから、下手すっともっと高いよね、大丈夫かしらこの作家さん、もっと値段上げていいのよ?!

あ、猫もありますよ。

【古谷 柳子さん instagram】
https://www.instagram.com/ryu_tobo/?hl=ja

買ったお店
【うつわや多治見】
所在地: 〒507-0033 岐阜県多治見市本町5丁目9−1
電話: 0572-26-8509

ちょっとまった、公式サイト 無いんかぃ!