ページを選択

オオノが住んでる町は陶器の町なんだけど、古典的な器を作る作家さんもいれば、現代風の器を作る作家さんもいるわけよー、まー当然なんだけどさ。

古典的な器も好きだけど、現代風の器も好きだよ。
両方とも普段使いしてるし、プレゼントにも使うんだわね。

ってことで、プレゼント買ってきたー。
買ったお店は【ガレリア織部】ってところな。どちらかというと現代風の作風の作家さんの作品をメインで置いているお店。

 

 

大道さんのは、極々薄く仕上げられた白い器に藍。
写真の[雨風]ではなくて、ポツポツと小さな短い線が散りばめられた[白雨]と名前が付けられた冷酒用の器にしました。

あと、安藤千都勢さんのカップ、たぶんあれは酒器だ。煎茶茶碗じゃない。

 


絵付けや釉薬じゃなくて、粘土自体に色をつけて、異なる色の粘土を練り合わせて柄を作るという[練り込み]という技法の作家さん。どうやったら柄が出してるのかさっぱりわけわからん。素晴らしい。 半透明のような透明感があって、とても綺麗な器で大好きな作家さん。

[セキレイ]とか[コザクラインコ][ボタンインコ]とか、鳥の名前がつけられたシリーズ。なるほどー、たしかに鳥の羽のよう。

この作家さんは、絶対、特定のトリスキーはツボると思うんだよね……贈る相手はトリスキーじゃないんだけどさ……。

 

使ってもらえるといいなー。