ページを選択
京都:俵屋旅館【翠】

京都:俵屋旅館【翠】

俵屋旅館の【翠】好き。 あの小さな三和土(たたき)が好きなんだわねー……お草履があるけれど、素足で降りるとひんやりしていて気持ちいい、なにより縁側のようで素敵。 というわけで、俵屋旅館に『あゆ』を食べに行ってきましたよー 変わらぬ味で、毎年いつもいつも楽しめることの贅沢さよ…… どぞー。 そういえば、コース(?)の最後に『強肴』ってあるじゃないですか。 これって確か、酢の物的な感じ?? ポジション的に一番お腹いっぱいになってきている時だし、さっぱりしたいし、でなかなか難しいところなのですが、今回、サラダ仕立てが出てきましたよ。...
京都:俵屋旅館・東雲

京都:俵屋旅館・東雲

毎年この時期恒例ですが、鮎を食べに、京都行ってきたー。 『東雲』 多分、1人用か2人用の小さなお部屋。一番採光が良いお部屋なのかな、明るいー。(お料理は、一つ上のお料理にしてもらっています) 小さいお部屋は『霞』があるけれど、『霞』とはまた違った趣です。控えの間(?)が一段上がっているせいかな、ちょっと温泉旅館みたいな風情があっていいです。窓の外にはちいさな獅子がおります。 これで、俵屋旅館の本館(?)全制覇ー! 一通り泊まって……好きなお部屋は『桂』か『孔雀』かなぁ。 『桂』はあのタタキが好き。『孔雀』はあの繭のお部屋が好き。...
京都:俵屋旅館【泉】

京都:俵屋旅館【泉】

2月の最後の最後で俵屋旅館です。 ……2月の最後ってとってもビミョー?だって『お正月』は終わっちゃってるし『節分』もとっくに終わっちゃってる、でも『お雛様』にはまだ早い……うぅーん………… と思ったら。 まぁ。まぁまぁまぁまぁ。 『お正月』と『節分』と『お雛様』が一緒に待っててくれましたよ。なるほど、これは素敵だ。 アンティークの鈴には紅白の水引、お座布団は十二単のように和紙を重ねて折ってあります。重ねが厚いので、きっちりは当然折りたためないのですが、ズレる紙の端もまた美しの十二単です。 壁には亀さん(多分)と梅。...