ページを選択

和食・洋食

since 2006

和食バブルって来てますよね?

気に入った新しい店をみつけて通いたくても、なかなか通えない。次の空きが来年・再来年なんてこともザラ。常連さんが年間まとめて全席押さえちゃうからね。(そりゃお店は商売安定だけどそれでいいの?)
それからそもそも気に入った店っていうのがなかなか見つけられない。最近の和食バブルのせいか、お料理に値段を付けていない。[値段に合わせて]食材盛ってる店が多い。『お前はなぜそこに盛られてるんだ?』と不思議な存在のキャビア だのシャトーブリアンだの高級素材、その[お高いお値段]を客に納得してもらうために盛ってないか?でもその[味]にはその皿の上で必然性は無いよね。そういう料理に説得力がない店は納得できない。

フレンチはレジェンドの次の世代がしっかり育ってきている。でも和食系はどうかな?若手のお店ががんばりはじめ、和食バブルも到来し、そんななか、常連さんはちゃんと次の世代を育てることができているかな?
お客さんは、本当に美味しくて通ってるのかな?「レビューでみんなが美味しって書いているから、美味しいってことだ!」って思ってないかな?みんなの『基準点』は、どこなのかな?

季節ごとに必ず通いたくなる店ってなかなか巡り会えない。
『顔と声を覚えてもらうまで通い詰めたい!』と一生懸命通った店は、目白の『和幸』がそんな店でした。もう閉店してしまったのだけれど、なぜもっとはやくから通い始めなかったのだろうと後悔した店。『和幸』が閉店してしまってからは、ずっと和食難民。そして『楽亭』が閉店してしまって天婦羅難民。
そんなわけで、和食・洋食カテゴリはそんなに写真は多くないのですが、オオノが自分のために記録した写真が、あなたの新しいお店への興味の参考になれば幸いです。

 

  • 古い画像は、カメラ・補正環境が整っておらず非常に見苦しい写真が多いですが、撮影当時のまま公開します
  • 日付は現像日を基にしているため、実際の訪問日と7日前後誤差があります